スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末恒例行事2018

日記・報告
12 /31 2018
Web拍手レス
画面の小さいツクール系のゲームをするときに蜃気楼があって助かりました‼ありがとうございます‼
こちらこそ、使ってくださってありがとうございます!

windows10 64bit環境で、
タイトルバーにアクセントカラーを反映かつ背景がスライドショーで、
「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」にしている状態で、
背景が変わるときに蜃気楼を起動して拡大表示していると、蜃気楼のウィンドウがクラッシュして表示がおかしくなる不具合があります。
その状態では蜃気楼のプロセスはタスクマネジャー以外で閉じられなくなり、なぜか拡大していたウィンドウはそのまま拡大され続けます。
元ウィンドウを拡大表示していた部分は、クラッシュ直後は選択されたアクセントカラー単色で表示されてますが、元ウィンドウをクリックすると拡大表示部分がまた動作します。
使う時にスライドショーやめれば対策は可能ですが、対応してもらえると嬉しいです。
いつもウィンドウの小さいゲームでお世話になっています!素晴らしいソフトをありがとうございます。
(元ROMさん)
返信が遅くなって申し訳ありません。
情報ありがとうございます!こちらでも同様の現象を確認しました。
コード上で落ちる場所は特定できたんですけど、どうして落ちるのかの原因がさっぱりわからず、対応が難しいです。
今のところこちらの環境では、疑似カーソルをなしにすると落ちないようなので、マウスを表示する必要がなければいったんそれで回避できるか試してみてください。

本当に昔のゲームは文字が小さくて読めません。蜃気楼を使わせていただき解決しました。これは世界が変わりますね。(とーふさん)
ありがとうございます!最近ディスプレイの高解像度化がどんどん進んでいっているので、Microsoftが公式でアプリ単位のウィンドウサイズを変更できるようにしてくれたら一番いいんですけどね。

2017年に拍手できる環境に拍手 2018年も良き年になりますよう (Rapidmanさん)
たしかに、今記事に対して気軽にコメントできるって環境あまりないですよねー。
そういった意味では拍手機能はありがたいですけど、うっかりチェック忘れたりしやすいのでそこらへんしっかり意識していかないとなーと思いました。
いや、ホントに2017年にいただいてたのに今更返信になってすみません(土下座)

最近4Kモニターの15inchノートPCを買ったら予想通り文字が小さすぎて見づらくて(デイスプレイ設定で拡大率大きくすればいいんだけど4Kの画面情報量が失われてつまらない)どうしようかと思ってたところ蜃気楼を発見。拡大の必要なウインドウを必要な時だけ拡大できてとても便利です。この投稿も拡大されたChromeから書いてます。ありがとうございます。(suzukiさん)
必要なウィンドウだけ出来るってのがやっぱり重要ですよね!MSさん!早く標準機能としてWindowsに装備して!
ところでChromeに関してはCtrlキー押しながら+/-キーで画面全体の拡大縮小ができるので多分そっちのほうが安定すると思います。

蜃気楼を利用させていただいているのですが、古いゲームのフルスクリーンモードで疑似カーソルのポイント位置がずれるのは仕様でしょうか?1280x720解像度の環境でザナドゥNEXTというゲームをフルスクリーン表示にした時にこの現象が発生しました。 (ys.さん)
んー、標準的なウィンドウを使ったアプリであればズレることは無い(※)はずです。
他のゲームでもズレがあるのであれば環境による問題だと思いますが、いずれにしろ、そのゲーム自体用意して確認しないと対応が難しいですね…。
※例えばPhotoshopのようにタイトルバーとかが独自のデザインとかだとズレる可能性はあります

蜃気楼は一度使ったら手放せない。もはやハズキ○ーペような存在感ですね。ありがとうございます。(とーふさん)
ありがとうございます!できるだけ気軽に使えるようなツールというのは今後もアプリ作るときに意識していきたいですね。

蜃気楼1.2.62を使用させていただいております。Diablo2で使用し、非常に快適です。起動時に「毎回この設定で起動する」ことができると非常に使い勝手が良くなるかなぁと思いました。気が向いたら次回更新時にご一考をお願いいたします。(docomokiraiさん)
使っていただきありがとうございます!
過去の記事で紹介した設定ファイルをダブルクリックで開く方法を使用すればお望みの動作になるかなと思います。
一度試してみてください。

その他、返信不要で拍手をいただいた方もありがとうございました!




でもこの日は更新する
co_da_170.png
3Dオブジェクト作れるとステマニ用のキャラがもっと簡単に作れたり最近流行りのVR関連にも役立ちそうだし是非覚えたいところですねー。
問題は3D酔いしやすい体質ってところですががが




お久しぶりです、A.Cです。
ブログ拍手の方すっかりチェック忘れてて申し訳ないです。
そろそろWeb拍手かブログ拍手どっちかに統一したほうがよさそうですねー。
個人的にはブログ自体廃止してもいいんじゃないかなーと思います。
更新量が少ないので普通にHTMLで作成しても負担少なそうですし。

以下、今年にやったこと
ステマニ関連
waieiSystems(仮)公開しました!
これは簡単に言うとステマニのスコアをツイッターで連携する機能です。
スコア連携自体は以前ブログでも言ってた機能なんですけど、過去のスコアの記録やジャケットを各自で登録できるようなシステムとして1月に公開しました。
ただ、WAIEIシリーズ以外でも使えるようにしたいので名称は今後変更予定。

waiei→WAIEI
ステマニテーマのwaieiの名称(すべて小文字)を間違える人があまりにも多すぎるのでWAIEI(すべて大文字)に変更しました。
この変更によってテーマ内の画像もすべて変更となったので、いったん公開を停止していましたけど現在は再公開しています。
なお、このテーマは本家DDRの公式譜面確認動画やプレイ動画を配信することは許可していません。自分でデータ用意してプレイするだけなら勝手にしてくださいって話ですけど、プレイ動画として公開するのは駄目です。
ということを大きな文字で書いていたんですけど公開して1週間足らずで海外の人にやられたので今は日本語で入力しないと回答できないZIPパスを設定しています。

ちなみにこっちのメインサイトの方は変わらず小文字でwaieiです。一応これで差別化ができているかなと。

FIXED Project
なんかステマニ関連毎年同じことしか言ってないような…。
サイトをリニューアルしてパッケージタイトルも無印と同じにしました。
あと、オリジナル曲のアーティスト名表記は廃止しました。プレイヤーは誰が作ってるかなんて気にしていないようですし。
逆に言えば、アーティスト名表記がない曲はこのパッケージのオリジナル曲で、表記があるものは借りている曲だということがわかるようになって良いんじゃないですかね。

WAIEI Core
WAIEIと機能的な互換性のあるテーマを作るときに極力楽にできるようにある程度関数化したライブラリ集です。
若干放置気味なんでそろそろこっちも更新しないと…。

ステマニ譜面が50個出来る Advent Calendar 2018
みかんちゃん氏企画のステマニ楽曲登録イベント、Part1、Part2ともの12/9に登録しています!




んー、相変わらずステマニ関連ばっかですねー。
たまに絵を描いたりはしてますけどその辺気になる人はTwitterでも見てください。(ソシャゲリザルト画像ばかりですが!)

といった感じで相変わらず中身がない日記ですが、来年もwaieiをよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。